最新の翡翠情報まとめ

翡翠買取における鑑定書と鑑別書の違い

翡翠買取における鑑定書と鑑別書の違い 宝石における鑑定書はダイヤモンドにしかありません。
鑑定とはダイヤモンドのクオリティを測り、示したものです。
「カラー(色)」「クラリティ(透明度)」「カット(形)」「カラット(重さ)」というの4つの項目でに基づき、ダイヤモンドの価値が評価されます。
これに対し、鑑別とはどんな宝石でも行うことができるもので、素材を科学的に調査したものです。
ダイヤモンド以外の宝石については、翡翠を含め、ダイヤモンド程のしっかりした評価基準がありません。
自然由来のものか人工物か、純度の高さや透明度と色、カットの形状等が記載されます。
は、見た目でどれほど透明度が高いかなどの項目がより重視されます。
両社の違いというと、鑑定書はダイヤモンドのみのもの、鑑別書は宝石全体のものということになります。
翡翠を買取に出す際、鑑別書があると査定がスピーディに進むことがありますが、無い場合も鑑定士がきちんと査定しますので問題はありません。

鑑定書の読み方を知って翡翠を高額買取してもらいましょう

鑑定書の読み方を知って翡翠を高額買取してもらいましょう タンスの奥で眠っている翡翠のジュエリーを買取ってもらいましょう。
翡翠は偽物や合成石が多く出回っているので、ご自分では本物かどうかの見分けがつかないことがあります。
買取店に持って行くとプロの査定員が鑑定をしてくれ、本物であることや宝石そのものの価値をはっきりと見極めてくれます。
さらに宝石が本物であることを証明する鑑定書があれば、疑われることは全くありません。
高品質のものが採れる土地が産地の場合には査定額も上昇します。
鑑定書には専門用語や数字が記載されているので読み方が解らないと理解できないかも知れません。
正しい読み方を学んでおくと宝石の価値がある程度分かるので、売却する時の知識にもなります。
翡翠は価値の高い宝石ですが、その価値は色や種類によってさまざまです。
納得のいく査定額を出してもらうためにも、ご自分の翡翠について良く知っておくことが大切です。
想像以上の高い査定額が出る可能性があるかも知れません。