古い翡翠の買取方法

古い翡翠の買取方法

古い翡翠の買取方法 古い翡翠の買取方法は、基本的に新しいものと変わる点はなく、店頭や宅配で売ることができます。そもそも翡翠の価値を決めるのはいつ加工されたかではなく、カラット重量や色の輝き具合、どこを産地とするか、どのような加工を経ているか、全体の保存状態は良いか悪いかなどの諸条件で決定されてきます。そのため例え古くてもカラット量が大きく、色合いや加工・保存状態が良ければ高価で取り引きすることができるのです。
その価格決定にもいくつかの条件があり、鑑別書があった場合も本物だという証明につながるため、価値が高くなります。それらの価格は依頼した会社などによって大きく異なり、同じ翡翠であってもある会社Aでは9万円、会社Bでは5万円、会社Cでは15万円と変動してきます。査定額をより高価にしたい場合は、メールや電話で実際に問い合わせて、無料査定を依頼する必要があります。帯留めなどの付属品が残っている際にも、査定額が高くなる傾向があります。

翡翠は古い物でも買取り価格が高いケースもある

翡翠は古い物でも買取り価格が高いケースもある 翡翠は宝石であり、宝石は古い物でも価値が高いと判断されたなら高い値段で買取りしてもらうことが可能です。価値が高いかどうかの判断は、翡翠の見た目や加工の精度、大きさなどが基準となります。それぞれ実際に業者に実物を見るまでは判断することができませんので、実際に評価を聞いてから売るかどうかを決めると良いでしょう。
宝石の場合、査定する人によって価格が変わりやすいため、なるべく高く売って損をしたくないなら、査定を複数の業者にしてもらってそれぞれの価格を比較すると良いです。そこで一番高く査定してくれたところに売れば、自分が損をすることはありません。一つのところだけに査定をしてもらった場合、それが高いかどうかは判断することができません。そのため、もしかしたら提示額が低い可能性もあります。査定は買取り前に行う行為であり、そこで提示された金額に承諾するかどうかは自分で判断できますし、査定料がとられることもないので、気軽に行ってもらうと良いでしょう。