最新の翡翠情報まとめ

天然石の一種:翡翠の魅力

天然石の一種:翡翠の魅力 翡翠は古代中国や縄文期の日本の時代から重宝された天然石で、主産地はミャンマー、日本では主に福井県、石川県や佐渡などの日本海側の中部地方で産出されます。
越前、越中や越後の地名は縄文中期の日本海沿岸に存在した当時世界有数の玉の一大産地である越の国が分裂した際に名付けられたもので、日本のアイデンティティーにも関わっている石です。
勾玉に使用される玉の中でも翡翠は最上位のものと位置付けられ、古代社会では、権力のシンボルそのものとされて来ました。
何と言ってもその魅力は半透明緻密で堅牢な玉が淡い緑を呈していることでしょう。
しかし、翡翠はもともと白色のものが多く、クロムの混入によって緑色、チタンの混入によって青紫色を呈するなど、様々な表情を私たちに見せてくれます。
日本、中国などの極東アジアではその価値が高く認められている翡翠ですが、透明で鮮やかな発色の宝石を重宝する西洋ではあまり評価が得られず買取り価格にも地域や文化が表れます。

翡翠の買取の際に知っておきたい天然石としての特徴

翡翠の買取の際に知っておきたい天然石としての特徴 翡翠を買取に出す際には天然石としての特徴を把握し自分でもその価値を見極めてから、納得の行く価格で買い取ってもらうことが大切です。
翡翠には和名を硬玉というジェイダイトと軟玉のネフライトの2種類があり、見た目としては両方ともよく似ているため同じ翡翠で通っていますが、成分や硬度などが違っているため天然石としては性質が全く違うものとされています。
石の硬さで言えば硬玉のジェダイトのほうがやや高い硬度を持ち、粒状結晶の塊で結晶が互いにかみ合っているため割れにくいことから彫刻の素材にも使われる石でもあります。
採れる場所が限られているという特徴もありますが、世界でも数少ない産地の一つが新潟県の糸魚川です。
軟玉のネフライトのほうは名称の通りいくぶん柔らかい石ですが、繊維状結晶になっていることでジェダイトよりも割れにくいとも言われています。
そのため彫刻の材料だけでなく古代では武器をつくるためにも使われました。
ジェダイトとネフライトを見分ける手段の一つが結晶が粒状か繊維状かの違いとされていますが、ネフライトのほうは世界各地で産出され量も比較的多いことで、一部の特別なネフライトを除いてジェダイトよりも価値がやや低めと言われています。